レビトラジェネリック

レビトラジェネリック/メリットはバイアグラ以上です

レビトラジェネリック

レビトラジェネリックは、ジェネリックのメリットである価格の安さと、レビトラのメリットである「ED治療薬トップの即効性」を兼ね備えています。

 

ジェネリック医薬品は、最近ではテレビ等のCMでも広告宣伝されるようになってきました。

 

膨大な開発費(300億円以上)と膨大な時間(約9-17年)を必要とする先発医薬品は、資本の回収を図るために特許権を取得し、自社が新規に開発した医薬品を独占的に製造・販売します。

 

特許権の存続期間は原則として特許出願日から20年ですが、先発医薬品の製造・販売の承認を得るには長期間を要するため、特許権を取得したにもかかわらず、対象となる医薬品の製造・販売の承認が依然として得られないケースが多いため、特許権の存続期間は最長で5年間延長できるんです。

 

 

特許権が切れた先発医薬品の特許内容を基にコピー商品のように作られることから、同じ有効成分の医薬品でも後発医薬品は複数存在し、その商品名は会社によって違います。

 

先発医薬品の特許権が消滅すると後発医薬品がゾロゾロ出てくることから、日本では薬事関係者の間で少し軽蔑したニュアンスで「ゾロ」・「ゾロ品」・「ゾロ薬」と称されることもあります。

 

医薬品の有効成分は一般名 (generic name)レビトラであれば「塩酸バルデナフィル水和物」で表せるので、欧米では後発医薬品を処方するのに一般名を用いることが多い事から、後発医薬品のことを「ジェネリック医薬品」という言葉で表すようになったんです。

 

レビトラジェネリックは、有効性・安全性については既にレビトラで確認されていることから、各種試験等を実施して基準をクリアしたため製造承認されました。

 

この各種試験は、新薬と主成分が全く同じである後発医薬品に、新薬と同等のハードルを課すことは経済的でない点を考慮した合理的な試験です。

 

レビトラジェネリックはこのように安全性も厳しくチェックされて発売されるジェネリック医薬品なので、先発薬より劣っているのではないかと言う先入観は持たなくても良いと思います。

 

ジェネリック医薬品であるレビトラジェネリック(ジェビトラ)と、レビトラ1錠についての金額を比較(Kusuriエクスプレスの価格)してみますと、ジェネリック薬(ジェビトラ)が約500円に対してレビトラが約1500円なので、レビトラの約3分の1の価格でレビトラジェネリック(ジェビトラ)を購入できることになります。

 

即効性が魅力のレビトラの事を次のページから説明します

レビトラジェネリック飲み方

レビトラジェネリックを使っても、思うような効果が現れないという場合があります。

 

その原因はレビトラジェネリックの「飲み方」にある場合がほとんどです。

 

最も注意しなければならない事は「完全な空腹時に飲む」という事です。

 

レビトラジェネリックはお酒に似た所があり、お腹がすいたときに飲むと成分がすぐ血液に吸収されて、効き目が早く強く出るんです。

 

お酒の場合は、すきっ腹に飲むとアルコールが血液中に素早く吸収され、早く酔ってしまいますよね。

 

食事をした場合は、「食後2時間以上空ける」と覚えてそれを実行していても、脂っこい食事をしたときなどはED治療薬の効き目は悪くなります。

 

ED治療薬を飲んだがあまり効かなかったという人の8割以上がこの間違いが原因です。

 

特に脂っこい食事をした後は胃壁や腸壁に油膜ができているので、薬の吸収は極端に悪くなってしまいます。

 

その場合は2時間どころか4〜5時間あいだを空けても、あるいは空腹感を感じるまで待っても、胃や腸の壁にできた脂肪のコーティングは解消しないことがあるんです。

 

 

デートのコースは食事をしてからホテルへというのが普通ですから、お腹をすかしてセックスするということに慣れていない人や抵抗のある人もいると思います。

 

「お腹が減った状態でHするのは嫌だなあ」という人は「完全な空腹時にED治療薬を飲んで、血液中に完全に吸収されてから食事をする」というのがコツです。

 

「血液中に完全に吸収される」時間はだいたい30分と言われています。

 

その後なら、もう成分は吸収済みですから、胃の壁に脂の膜ができても効果に影響はないんです。

 

パートナーと食事をする場合は、食事内容に気をつけて脂肪分の少ない和食にしたり、食べる量も少し控えたほうが無難でしょう。

 

レビトラジェネリックは、血液中に完全に吸収されれば飲んでから4〜5時間は効くとはいえ、効き目がマックスになるのは服用後1〜2時間目くらいですから、食後余裕を持ちすぎると薬の効果がだんだん薄れてきてしまいますので、時間を考えたスケジュールを組んでおきましょう。
あくまでも飲み方の肝は「胃の中を空にしておいてから服用する」という事をお忘れなく。

 

レビトラジェネリック・インド

ジェネリック医薬品は、日本を始め色々な国で製造されていますが、なんといっても最大の生産国はインドでしょう。

 

成分特許を認めていないインドなど特許制度が欧米と異なる国では、特許が切れた薬ではなく、インドの国内法において特許が認められていない、特許の適用から外れている医薬品がジェネリック医薬品として大量に生産されているんです。

 

アフリカなどの貧困国ではインド製のジェネリック医薬品が大量に使用されています。

 

エイズ治療薬・ネビラピンなど欧米では特許が切れていないためにジェネリック医薬品が生産されていないのに、インドでは特許が無効なために大量のジェネリック医薬品が生産され、エイズに悩むアフリカ諸国で大量に使用されている現状があります。

 

この問題は欧米との間で争いになっており、欧米側が新しい法律を作って規制するなど対抗措置を行っていますが、インド製の安いジェネリック医薬品が途絶えれば貧困国の医療が崩壊するという深刻な問題も孕んでいるため、うかつに訴訟などが出来ない状況にあります。

 

インドの製薬会社は国の振興策もあり、理工系の優秀な社員も多く在籍しているため、品質も良く「安かろう悪かろう」ではありません。

 

ただ、インド国内にも悪質な業者がたくさんおり、不衛生で劣悪な環境で「ニセモノ」の医薬品を製造しています。

 

これらの医薬品を、「正規品」と偽り、格安な価格で販売しているケースが多数見受けられます。

 

インターネット通販でED治療薬を購入するには、インドなど海外からの輸入品を「個人輸入代行業者」から購入する事になりますので、「正規品」を扱っている業者を選ぶ事が大変重要になります。

バイアグラ国産ジェネリック

日本の長期債務はGDP比150%という先進国に類を見ない程、異常な規模に膨れ上がっているそうです。

 

返すメドすらたたないこの借金は、すべて私たちの子孫に付回しされるんです。

 

国も、ただ手をこまねいているだけではなく、財政再建策を策定しています。

 

その中で、社会保障費の見直しは大きな柱の一つです。

 

健康保険料の抑制の観点から、厚生労働省は2017年度までに、薬局で処方されるジェネリック薬品のシェアを60%にする目標を掲げているんですね。

 

そのような状況の中、2014年5月19日に「東和薬品株式会社」から国産初のバイアグラジェネリック薬である「シルデナフィル OD 錠 50mgVI・トーワ」が発売されました。

 

レビトラジェネリックは特許期限が満了していませんが、バイアグラの特許期限が満了した事でバイアグラジェネリックの製造販売が解禁されたんです。

 

OD 錠 とは、水なしで飲めるように薬独特の苦みが無く唾液の水分だけですぐに溶ける薬のことなんです。

 

ただし、問題は価格で、1錠1200円という決して安くはない値段なんです。

 

ちなみに、インド製のバイアグラジェネリック「カマグラゴールド」は、100mg錠が1錠744円ですから、50mg錠に換算すると372円なんですね。

 

バイアグラと言ういわばブランド力で、多少高くても売れるという営業戦略なのかもしれませんが、それにしても、インド製の3倍強というのはいかがなものでしょう。

 

「シルデナフィル OD 錠 50mgVI・トーワ」のほかにも、2014年9月19日にキッセイ薬品工業株式会社から「シルデナフィル錠 50mgVI・キッセイ」が、1000円という価格で発売になっています。

 

さらに、2014年8月4日には「株式会社陽進堂」、8月20日には「武田薬品株式会社」からバイアグラジェネリックが発売されています。
その他、2014年には国内で6〜8種類のバイアグラジェネリックが登場しました。

 

その昔、医療関係者の間でジェネリック薬品のことを「ゾロ」と卑下して呼んだ時期があるといいますが、まさに今回の国産バイアグラジェネリック薬も「ゾロゾロ」発売されていますね。

 

それだけ、発売すれば需要があり、採算が合うお薬という事なんでしょうね。

レビトラジェネリック・PDE5阻害薬

ED治療薬レビトラの成分は「バルデナフィル」で、バイアグラ、シアリスとおなじ「PDE5阻害薬」の分類になるんです。

 

PDE5とはPDE(ホスホジエステラーゼ)5のことをいい、陰茎海綿体に豊富に存在しています。

 

ホスホジエステラーゼはcGMP、cAMPなどの環状ヌクレオチドのエステル結合を加水分解する酵素です。

 

cGMP(サイクリックジーエムピー)は、陰茎海綿体平滑筋に多くみられる一酸化窒素の細胞内のメッセンジャー分子で、増加する事によって血管拡張物質である一酸化窒素の効果を増大させ勃起の初期段階を作る役目があります。

 

PDE5が、この勃起に対して重要な役目を果たすcGMPを分解してしまうので、その働きを阻害する薬としてPDE5阻害薬と呼ばれるレビトラ(バルデナフィル)が効果を発揮するんですね。

 

少し複雑な話に聞こえますが、勃起の邪魔をするPDE5の活躍を抑える効果がレビトラ(バルデナフィル)にはあるという事なんです。

 

PDE5阻害薬にはレビトラ(バルデナフィル)バイアグラ(シルデナフィル)シアリス(タダラフィル)の3種類がありますが、最もPDE5阻害作用が強いのはレビトラ(バルデナフィル)なんです。

 

レビトラは、早い人だと服用後15分程で効果が現れますが、その理由はこのPDE5阻害作用の強さから来ているんです。

若年性ED

EDと言えば中高年の病気と思われていましたが、最近は20代の若者のEDが増えているんです。

 

なぜ若者にEDが増えているんでしょうか?

 

最も多い原因と考えられているのが「ストレス」なんです。

 

AVを見ながら「一人エッチ」は出来るのに、いざ女性とベッドインすると萎えてしまったり、挿入してから「中折れ」してしまったりしてしまうのは、「心因性ED」と呼ばれています。

 

仕事上のストレス以外に、女性からのプレッシャーをストレスに感じてしまう事が原因のEDなんですね。

 

逆に「心因性ED」は、その原因さえ取り除けば普通にセックスが出来るようになるとも言えます。

 

たとえば、「コンドームを着けると萎えてしまう」という心理的なストレスならば、極薄のコンドームに変えてみて「これなら大丈夫」という自信を持つことで解消される場合もあるんです。

 

また、疲れている時に「栄養ドリンク」を飲むように、試しにED治療薬を飲んでみる事も効果的ではないでしょうか。

 

心理的なストレスを解消する事は、なかなか簡単ではないかもしれませんが、一度成功すれば自信につながると思います。

 

最近の女性は「肉食系女子」と言われるように、男性をリードするくらい元気です。

 

その事が余計男性を委縮させているのかもしれませんね。

 

また、「リアル」な女性と付き合わなくても、インターネット上の無料動画の中などに、100%自分好みの「バーチャル恋人」を見つけることが出来ます。

 

生身の人間との、煩わしい人間関係も無くて済むので、強いて女性と付き合わなくても良くなってしまうんです。

 

さらに、低成長経済の中で「年功序列」や「終身雇用」が崩壊し、女性より収入の少ない男性が増えています。

 

ますます「男の自信」を得られない世の中になって来ている事も、「若年性ED」が増えている原因なんですね。

 

若年性edだと思ったらedの事を勉強する事が大事です

レビトラ・ジェネリック普及

国の借金は増え続け、2015年3月末で1206兆円、国民一人あたり833万円まで膨らんでしまいました。

 

たしかに、名目GDP490兆円の246%に達しており、ギリシャの対GDP比176%より大きくなっています。

 

ただ、GDP比だけを見て「お金持ちか貧乏か」は判断できません。

 

いくら借金をしているかだけではなく、いくら資産を持っているかも見なくては判断できないからなんです。

 

日本は15年3月末で、574兆円に達する金融資産を保有しているんです。

 

資産から負債を差し引くと、残った分はGDP比で130%分のプラスなんです。

 

さらに、国民の持っている金融資産も、15年3月末で1700兆円以上と大変な額に達しているんです。

 

なので、ギリシャのようにすぐ日本経済が危機に陥る事はありません。

 

しかし、高齢化の影響から社会保障費が増加しており、税収をはるかに上回っています。

 

その結果、毎年約2兆円弱の赤字が積みあがっています。

 

この赤字の抑制策として、厚生労働省は「後発医薬品(ジェネリック薬品)の利用拡大」「窓口負担の増額」「保険の範囲の縮小」 「高齢者の負担の引上げ」を考えているんです。

 

とくに、「後発医薬品(ジェネリック薬品)の利用拡大」について厚生労働省は、現在およそ55%のシェアを2018年度から2020年度の早い時期までに、欧米並みの80%以上に上げるという目標を掲げるとしています。

 

この目標が達成できれば、1兆3000億円の削減効果があると試算しています。

 

さらに、ジェネリックのメリットとして患者負担の軽減効果もあるので、厚生労働省はジェネリックの利用が広がれば、医療費を確実に抑制できると考えているんですね。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ